妊娠後期の葉酸サプリで喘息リスクが増えます。

女性にとって大切な栄養素の一つである葉酸。赤ちゃんが欲しい女性は、いつどんな風に摂取すればいいのか気になりますよね。葉酸とは、水溶性ビタミンのひとつで葉物野菜に多く含まれており、赤ちゃんの健康を守るために大切な栄養素です。しかし、水溶性ビタミンのため水に溶けやすく熱にも弱いので、調理する過程で成分が破壊されることも多く、食事から全てを補うのは困難です。そのため、サプリメントで補うことをお勧めします。特に赤ちゃんに栄養が必要とされる時期、すなわちサプリメントを飲む時期は「妊娠前から初期、妊娠4か月まで」と言われています。この時期の赤ちゃんは母体のお腹の中で細胞分裂を繰り返し成長しますが、栄養が不足すると細胞分裂がうまくできなくなり、神経管閉鎖障害を起こすリスクが高まってしまいます。産婦人科や厚生労働省は毎日400mg摂取することを推奨しており、受精卵の着床をしやすくしたり、赤ちゃんの神経管閉鎖障害や自閉症のリスクを軽減させる効果があります。葉酸普及研究会の調査によれば、栄養素の認知率やサプリメントの内服率は年々増加しているとされており、それに伴い、国内でも市販や通販で多くの商品が普及しています。体験レビューを見ると、栄養素を補うことでお肌の調子や朝の目覚めも改善されるなど、体内リズムの改善にも役立っており女性の健康に欠かせないものであることが分かります。また、他のビタミンやミネラルなどをまとめて摂れるものもありますので、各社で公開されているレビューをチェックし、成分や効果を比較しながら自分に合ったものを選び、自分の健康だけでなく、赤ちゃんの健康、家族の健康に役立てたいですね。