葉酸サプリの摂取は太る?

妊娠を望んでいる女性、赤ちゃんがお腹の中にいることが分かった女性に必要な栄養素が葉酸です。妊娠前から体に取り入れることで受精卵の着床率を高め、流産のリスクを軽減したり、初期の段階では赤ちゃんを神経管閉鎖障害などの先天性異常から守ってくれ、また、母親の辛い吐き気・頭痛・イライラなどのつわりの症状を和らげる働きもしてくれます。葉酸は食事から摂ることもできますが、どうしても食事だけでは不足しがちなのでサプリメントなどで補うことが大切です。特に、初期である三ヶ月に入るまでは1日あたり400マイクログラムを摂ることが望ましいとされており、母体と赤ちゃんの心身の健康のためにも大切な栄養素となっています。その一方で、後期に母親が1日あたり1000マイクログラムをサプリメントから摂取する、という実験をした結果、生まれてくる子供が小児喘息になるリスクが増えた、というデータもあります。なぜ小児喘息になってしまうのかは今のところはっきりとはわかってはいませんが、このような実験の結果から、後期に葉酸を摂りすぎるのはよくない、と言われるようになりました。喘息の原因は主にアレルギーで、サプリメントの中にはアレルギー症状を引き起こす添加物を含んでいる場合がある、というのも一つの原因ではないしょうか。しかし、喘息を心配して、必要な成分が不足してしまうと、母体が貧血などになりやすく危険になってしまいます。その為、過剰摂取に気をつけて、食事からしっかりと摂ることが大切ですね。